東京で唯一、本場の三麻が打てる店
TEL. 03-5950-9295
東京都豊島区東池袋1-22-6 今井ビル3F

お客様に楽しくプレイしていただくために、ごえもんでは下記のルールを定めております。
御遊戯の際には必ず御一読下さい。

主なルール

◆萬子の2~8を抜き、花牌を4枚入れた3人麻雀です(チーはありません)
◆花牌は、抜きドラとして扱い、リンシャンから補充します
◆符計算はありません(満貫以下の点数は、ハン数によって決まっています)
◆東南戦 35,000点持ち、40,000点返し(40,000点未満ですと沈み馬10,000点がつきます)
◆箱下計算ありです
◆南場終了後、誰か40,000点に到達していない場合は西入りしてサドンデスになります
◆持ち点が箱割れしますとゲーム終了です(ちょうど0点も終了です)
◆喰いタンあり、完全先付け、北は共通の風牌です※形式聴牌はありません
◆ダブロンあり(積み棒は二人につきますが、リーチ棒、親の権利は上家取りです)
◆七対子の4枚使いあり、ツモピンフなし、チャンカン、ハイテイ・リンシャンのみなし
◆リーチ一発、裏ドラあり(カン裏ドラも数えます)
◆花牌4枚、赤5ピン、赤5ソー(各4枚)は1ハン、永久ドラ扱い
◆流しは倍満です(花牌を捨てることができ、流しに使えます)
◆河に捨てた牌は、和了牌でも花牌でも戻せません
◆フリテンリーチ・リーチ後の見逃し・チェック牌が待ちのリーチはなしです(流局後チョンボです)
◆リーチ後、形の変わるカンはできません
◆1,000点残りでリーチをかけられます(局後0点のままですとゲーム終了です)
◆リーチは宣言してしまうと取り消すことができません
◆ノーテンリーチは流局後チョンボです
◆ノーテン、場に2,000点、積み棒は1本場につき1,000点です
◆リーチ棒は和了どり、親のノーテンは親流れです
◆九種九牌などの途中流局はありませんが、四カンのみ流局します
◆見せ牌は、現物のみロンできません(ツモはOK)
ただし、リーチ後の見せ牌が和了牌の時は、待ち牌を全てさらしての進行となります
(見せ牌はなるべく自己チェックで!)
◆誤ポン、誤チー(ちょっとまって等も含む)は1,000点罰符、その牌はチェック扱いです
◆錯ポン、錯ロンは和了放棄(万一、倒牌してしまうとチョンボとなります)
◆ポン、カンのさらし間違えは、打牌前ですと直せます
◆先ツモした時は、ポン、ロンできません(先ツモは厳禁です)
◆パオはツモ和了の場合のみ責任払いです(点棒は振込み扱い)
◆役満は4倍満(ダブル、トリプルはありません)
◆国士無双の暗カンロンありです
◆王牌は常に14枚残し(海底カンはできません)
◆オーラスの親は、トップになった時点でゲーム終了 同点の場合は起家に近いほうが上位です
◆多牌、少牌は和了放棄(ポン・カンできません、花牌は抜くことも可能です)

アガリ放棄・チョンボ

◆チョンボはその場の満貫払いです(積み棒があれば、それも加算します)
◆チョンボが発生した局はノーゲームとなり、親の権利も積み棒も変わらず続行します
◆和了放棄時は、ポン、カン等の動きはできません

不明な点については、メンバーの裁定に従っていただき、楽しい麻雀をしましょう

マナー・禁止事項

【マナー】
◆点棒のやりとりは、丁寧に行ってください
◆捨て牌は6枚切りでお願いします
◆リーチ、ポン、ロン等は、はっきり発声してください
◆和了時の形、聴牌時の形は、わかりやすくして開いてください
◆自分の前の山、必ず前に出してください
◆最後の半荘にするときは、ラス半コールをお願いします
◆携帯電話は、なるべく代走を頼んでください
◆ツモ和了時に、ツモ牌を手牌につけないでください ※手牌につけると和了できません
◆長考するときは、「すいません」「失礼します」と一言お願いします

【禁止行為】(メンバーが厳重に注意させていただきます)
◆先ツモ、引きツモ、牌の強打(和了放棄にさせていただく場合があります)
◆他のお客様及び、メンバーを威圧する言動、行為
◆立膝等の見苦しい姿勢
◆他のお客様の和了、打牌に関する批判
◆立見、助言、三味線
◆指し馬行為
◆現金の貸し借り、アウトの申し出

東京で唯一、本場の三麻が打てる店 武士道麻雀 ごえもん

東京都豊島区東池袋1-22-6 今井ビル3F

tel:03-5950-9295
fax:03-5950-9295
営業時間:10:00~ラスト   
定休日:年中無休

Google MAPでみる